デビット機能について

デビット機能について - 初めてのクレジットカードNAVI

初めてのクレジットカードNAVI

デビット機能について

デビットカードとクレジットカードの違いはなんでしょうか。
クレジットカードは、審査の結果によってはカードが作れないということがあります。
クレジットカードは、買い物や飲食店で使用した金額を毎月の決められた支払日に銀行口座から、引き落とされます。
つまり、月に1度にまとめて使用した金額を支払うということになります。
クレジットカードのサービスでは、キャッシング(現金をある一定額、カード会社より借用することができる)機能やリポルビング払い(毎月あらかじめ指定した一定額を返済する分割払い)機能、ボーナス一括払い機能があるなどのサービスをクレジットカード会社から受けることができます。

デビットカードは、カードを使用した瞬間に指定した口座から引き落としがされる仕組みになっています。
クレジットカードは支払日までに、指定口座に入金を済ませておけばよく、信用によっては前述の各種サービスも受けられるということができます。
デビットカードは、指定口座から即日引き落としがされるので、口座に現金が入っていなければ決済ができず、使用ができないということになります。

それぞれのメリットとデメリットは、その点が大きな違いです。
デビットカードであれば、お金の使い過ぎや借金となるような残債もできませんが、口座に残高がない場合には使用できません。
クレジットカードでは、現金が無くとも急な買い物や飲食費が支払うことができる反面、使いすぎに注意しなければなりません。
デビットカードでは、金利や手数料は必要なく即時決済での預金口座からの引き落としだけになる訳です。