カードのトラブル事例紹介

カードのトラブル事例紹介 - 初めてのクレジットカードNAVI

初めてのクレジットカードNAVI

カードのトラブル事例紹介

クレジットカードのトラブルには、どのような事例があるのでしょうか。
良く耳にする事例としては、紛失したカードを無断で使われたなどの事例を聞くことがあります。
最近では、ネット上でのクレジットカードによる、トラブルが増えているということを聞きます。
どのような事例があるのでしょうか。

ネットショップを頻繁に利用する人は、クレジットカード決済で買い物をすることに慣れています。
買い物をした後に、「プレゼントが当たりました」などとのメールが届き、プレゼントを送るために、クレジット情報や個人情報に関わる項目に入力して、すぐに返送してくださいとの誘いで、情報を盗みその情報からクレジットカードの不正利用を行うといった手口があります。
フィッシング詐欺といいますが、こういった手口によってクレジットカード情報や暗証番号など重要な情報を盗られてしまう事例が多発しているようです。
海外に行ったときなどは、クレジットカードの使用に注意を払うことが必要です。

よく起こるトラブルは、支払いをカードでする場合にお店の人がカードを持っていく、カード明細にサインをして支払いを済ませカードを受け取るのですが、この間にカードをスキマーという機械でカード情報を抜き取るというスキミングという手法でカードを不正利用されるトラブルも起きています。
海外でのクレジットカード使用時は、買い物やレストランでの使用のときにも、気を付けなくてはいけません。

絶対に目の前でカード決済を行うことやあやしいお店には入らないということが、大切です。
利用明細書も必ず保管することです。
後から来る、支払い明細書と付け合わせをすることを習慣化することも必要でしょう。